« 臨月まであと3日 | トップページ | mixiに入りました♪ »

2006年6月16日 (金)

リーベリースタイルの幼稚園

Rimg0004_12 今日は、地元の私立幼稚園の幼児教室でした。今日の幼稚園は、最近流行のシュタイナー博士の理論の教育方式なので、リーベリースタイルです。知的教育はいっさい行わず、異年齢とふれあう縦割りのクラス編成です。お部屋はピンクが基調で、木がたくさんあふれる自然のものがたくさんおいてあります。先生は一日中ゆったりとした歌をうたってくれ、子供の名前を呼ぶときも、ミュージカルのように歌いながら呼んでくれます。

今日は、リトミックが行われましたが、いつも通っているうんどう教室の体操とはまったく違う、ゆったりとした時間でした。元気すぎるたっきーにはちょっと物足りない感じで、すぐに脱走してしまい、園児の教室に行ってしまいます。そのたびに私もつかまえに走るのですが、その前に園児3人に手をひかれて連行されてきました(笑)園児には「だめですよ」と優しく言われなぜかうれしそうなたっきー。もう少し落ち着いて先生のお話を聞いて欲しいんだけどなあ・・・・。

Rimg0003_10 Rimg0009_2 おやつの時間です。今日のおやつはげんこつ飴。みんなで「いただきます」をしてから食べるように説得したのに、食べたいと泣き喚いてパクっとお口の中へ入れてしまいました。でも悪いことをしているとわかっているので、私の顔色をうかがって挑戦的な態度で食べています。みんな、ちゃんと待っているのに、なぜたっきーだけ泣いているんだ?!育児に自信がなくなってきます。みんなで「いただきます」をしたときにはすでに自分のお皿には何も残っていないので、たっきーは当然のようにお友達のおやつを食べようとします。「だめ!」というとまた泣いて怒る!見かねた優しいハル君は「はい」とひとつわけてくれました。ううう。。。この違いはなんだ!いつかは落ち着いてくれるのかなあ。

この幼稚園のおやつや給食は、玉子、牛乳、加工食品や添加物などをいっさい使わない和食中心の自然食です。園には無農薬の作物が育てれ、給食は陶器の器や木製椀でいただきます。アレルギーなどのちびっこにはとてもよさそうな感じ。

Rimg0010 Rimg0011_2 この幼稚園では、イメージを絵でおしつけないので、絵本はなく、先生が身振り手振りでお話をしてくれます。手作りの布のお人形にもお顔がかかれていません。テレビはみない、アンパンマンなどのキャラクターは禁止、ママはスカートをはきましょう、など、他の園とはちがった面がたくさんあります。とてもメルヘンチックな幼稚園なのです。惹かれる面も多々ありますが、元気なたっきーにはちょっと物足りないかなあ。やっぱこないだの保育園の方が楽しんでたような気がします。私も家でちゃんとこのスタイルを守る自信がないしね。女の子には喜ばれるような幼稚園かな。先生もジャージじゃなくてピンクの服を着てていて、ささやくような声で歌ったりお話しをしてくれ、さようならの時間は一人一人が先生に抱き寄せてもらいます。優しい気持ちになれる幼稚園だなあと思いました。たっきーに合うか合わないかは別問題ですが。

|

« 臨月まであと3日 | トップページ | mixiに入りました♪ »

コメント

コメント、ありがとう!
へぇ~。シュタイナー教育の幼稚園って、そんな感じなんだ!
おもしろい。
でもアカリンが言うように、とてもいい部分と、???って部分がありそうだね!(うちの子には合わないかも)
たとえば、どうして親がスカートなのかなぁ。
子供と遊べないよねー。特に男の子。(わたしも、子供ができてからはすべてパンツ系になっちゃいました。)しゃがめないし。

うちもTVやキャラクター物にはふれさせないで育ててきたけど、いつのまにか友達から覚えてて、最近はだんだんこっちが頭ごなしっぽくなってきた。反抗するんだよねー。でも貫いてる。(先生みたいに歌うように言ってみるか!?)

アカリン、幼稚園はそこに入れるんでしょう?

投稿: Aline | 2006年6月17日 (土) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーベリースタイルの幼稚園:

« 臨月まであと3日 | トップページ | mixiに入りました♪ »