« BCG | トップページ | 中学生の「乳幼児ふれあい体験」 »

2006年10月 6日 (金)

NHK「芋たこなんきん」

この秋からスタートした、「芋たこなんきん」。

3年ぶりぐらいに朝の連ドラにはまりそうな予感です。

あらすじは・・・(公式ホームページ参照すると)

大阪市内の問屋勤め、37歳の独身、楽天娘が、ある日恋に落ち、結婚へ。
しかし、なんと嫁ぎ先は10人の大家族だった!
  作家の田辺聖子さんの半生と数々のエッセイ集をベースに、大阪の戦後復興期から現代へと明るくたくましく生きてきたヒロインと、その家族のてんやわんやを描く、笑いと涙のホームドラマ。
 タイトルの「芋たこなんきん」は、田辺聖子さんのエッセイにもたびたび登場する言葉で、女性が好む食材の代名詞として引用される、大阪生まれのキャッチフレーズです。

藤山直美さん演じる花岡町子は、少女時代から、絵を描くことより字を書くことの大好きな女性。とはいえ、決して文学少女というわけではなく、家族や周囲の人々のおもしろいエピソードを日記風にメモしたり、創作したりすることがひとつの趣味。その趣味が高じて、のちに作家となり、芥川賞を受賞する。そして、“かもかのオッチャン”一家と一緒になってからは、いつもド真ん中にいて、おかしくも哀しい夫婦愛と家族愛、さらに失われつつある下町近隣の人々との心温まるふれあいを広げていく。

私は、田辺聖子さんも藤山直美さんも大ファン。毎日の楽しみができてうれしいわ~。たっきーがちゃんとテレビをみせてくれるか微妙なので、毎回どきどきだけど・・・。連ドラは見見逃したくないもんねぇ。

NHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』上巻 Book NHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』上巻

著者:丸山 知子,長川 千佳子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« BCG | トップページ | 中学生の「乳幼児ふれあい体験」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK「芋たこなんきん」:

« BCG | トップページ | 中学生の「乳幼児ふれあい体験」 »