« 急性胃腸炎 | トップページ | 天使になったね »

2006年11月21日 (火)

見事にいただきました

覚悟していたけど・・・

たっきーの急性胃腸炎が見事にうつりました。

上からと下からと発熱に苦しみ、何も食べれないし、お茶さえも吐く始末。

まあ、それくらいなら我慢できるんだけど、問題はゲンちゃん・・・。

ゲンちゃんは生後4ヶ月でまだ赤ちゃん。母乳のみで生きています。そんなゲンちゃんに胃腸炎の菌が入ったおっぱいを飲ませられない、と思い、あさやんに急遽ミルクを買いに走ってもらいました。

夜中もしも泣いたらミルクお願いねー

と布団から、ミルク担当を任命いたしました。

しまった、そんなこと言うと、彼の性格上、ミルク、ミルクが頭から離れなくなって気になって眠れなくなるかも。夜中にゆすり起こせばよかったなあとちょっと反省。あさやんくん、へんなところでまじめ?です。まあ、とてもありがたいんだけどね。(←フォローです)

ミルクは、生後2日間飲んだだけで、家でミルクを作るのは初めて。どれ、ゲンちゃんってどれくらいミルク飲むもんだろー。

ねえ、ミルクの量、月齢でみるのか体重でみるのかどっち??

とあさやんからも素朴な疑問。

ん??ミルク缶に表示してある使用量を月齢と標準体重で照らし合わせてみると・・・

やだー、ゲンちゃんの今の体重(7.5キロから8キロぐらい)をみてみると、6ヶ月から8ヶ月ぐらいの赤ちゃんって表示されてるー!でも実はまだ4ヶ月。

二人でうなったあげく、とりあえず無難な200mlあげてみることにしました。

でも、飲んでくれないの!笑ってばっかり!!(泣かないだけマシだけどね)

何回トライしてもダメ。こまったなあ。

とりあえず、もっとお腹が空いたら泣いて訴えてくるはずだから様子をみることにしました。でもそうしてるうちに6時間ほど経過・・・。さすがに泣きじゃくってます。しかもオムツをみるとぜんぜんオシッコでてない!

脱水症状になっちゃうー!私のおっぱいもトイレでしぼって捨てていたものの、限界でパンパンに張ってきた。やばい、ただでさえ熱があるのに、乳腺炎になったら怖いぞーと思い、迷った挙句、おっぱいあげることにしました。(あー、これが一番ラクチン)

今のところ、ゲンちゃんに胃腸風邪の症状はないけど、今後がどきどきです。まだ4ヶ月だだし、免疫あるから大丈夫かなあと思ってるんだけど油断は禁物です。

胃腸風邪めー、今年は例年の6倍らしいね!!

でも、うれしいことに体重は2.5キロへりました。胃の中と腸の中が空っぽになったとき、ぽっこりしていたお腹がへっこんでた。

ということは、いかに普段お腹に食べ物がつまっているかよくわかったよ。まあ、こんな痩せ方はまたすぐに体重戻るだろうケドね。

|

« 急性胃腸炎 | トップページ | 天使になったね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見事にいただきました:

« 急性胃腸炎 | トップページ | 天使になったね »