« yulara | トップページ | ずりずり »

2007年2月11日 (日)

おうちシアター14 パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

昨夜は、パイレーツ・オブ・カリビアンをついに?観ましたよ。

けっこう、話題だったから劇場でみたかったけど、見逃したのでDVDにしといた。

あーあ、DVDかー。こないだ遊びにいった友達の家のテレビは50インチだもんなー。

それに比べてうちは21インチ。半分以下さノд-。)クスン

50あったら映画館行きたくなくなるかもしれんなあ。などぶつぶつ不平言いながら鑑賞しだしたけど、いざはじまったらおもしろくて大満足でした♡

ジョニーディップがかっこいいって、みーんな口をそろえて言うけど、私は、ウィル・ターナー役のオーランド・ブルームの方が断然かっこいいと思ったけど(*´ー^`)ゞ

ディズニーのカリブの海賊に行きたくなるような作品なのさ。

スケールでかくてひきこまれたよ。

そういえば、従兄弟の結婚式で、新郎の紹介で”好きな映画”の欄に「パイレーツ・オブ・カリビアン」って書いてあったなー。余談ですが。

あさやんは、いつもと同様、単純なので、

これからはパパのことをキャプテンと呼ぶように

と調子に乗っていた。たっきーだけが

はい!キャプテン

って言ってたけど・・・うわー、さぶっ(" ̄д ̄)ついてけん。

Amazon.co.jp wrote
   18世紀のカリブ海を舞台に、海賊たちの呪いを解く黄金のメダルの「最後の1枚」をめぐる、アクション・アドベンチャー。港町ポート・ロイヤルの総督の娘エリザベスが、その1枚を持っていたことから、海賊の一団にさらわれ、彼女を愛する青年と、一匹狼の海賊が救出へ向かうという物語だ。
   ポイントに見せ場を配し、娯楽作に徹した作りで最後まで飽きさせないのは、さすがにジェリー・ブラッカイマー製作。ゴア・ヴァービンスキー監督は、カット割りやカメラ・アングル、音楽の付け方などアクションの見せ方がうまく、なかでも満月の夜、海賊たちががい骨となって現れるシーンの恐怖は、リアルなVFXが効果を上げている。
   この種の映画では、俳優たちの演技は二の次になるのだが、本作はオスカー俳優のジェフリー・ラッシュ、『ロード・オブ・ザ・リング』のレゴラス役、オーランド・ブルームらが嬉々として演じている。そして、ジョニー・デップの存在感! 台詞回しや道化的な動きで笑わせる彼が、ラストに見せる凛々しい表情は文句なしにカッコいい。彼ら欧米の俳優にとって、海賊は憧れの役だというのが、ヒシヒシと伝わってくる。(斉藤博昭)

メーカー/レーベルより
【STORY】カリブ海の港町、ポート・ロイヤル。総監の娘エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)は、子供の頃に父とカリブ海を航行中に、海賊船に襲われた英国の船と遭遇した。エリザベスはその船で意識を失った美しい少年ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)を見つけ、首にかけられていた海賊のシンボルである美しい金のメダルをはずし、自分の物にしてしまう。ある日、町はブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)率いる冷酷な海賊たちに襲われる。エリザベスの身につけていた黄金のメダルが目当てだった海賊たちは、エリザベスをさらい船出する。エリザベスに密かに思いを寄せていたウィルは、彼女を救い出すために、一匹狼の海賊であり、バルボッサの秘密を知る数少ない人間であるジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と手を組み、バルボッサを追った。実はバルボッサと手下たちは呪いにかけられた生きる屍であり、月の下でその忌まわしい真実の姿をさらす。死よりも苦しい地獄から逃れ、呪いを解くのに必要なのは、エリザベスの黄金のメダルと、その最後の持ち主であり、あがないの力を秘めた血筋を引く者、ウィル・ターナーだったのだ

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち DVD パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« yulara | トップページ | ずりずり »

コメント

私もDVDで観ました。
しかも,オーランド・ブルームのほうが好みです♪
なんだか次回作がありそうな終わり方でしたね~

投稿: marippe | 2007年2月13日 (火) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちシアター14 パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち:

« yulara | トップページ | ずりずり »