« 9月以来・・・ | トップページ | 映画日記6 どろろ »

2007年2月25日 (日)

おうちシアター17 かもめ食堂

昨夜は土曜日。我が家の定番、DVD観賞だー。

ずっと前から観たかった「かもめ食堂

ミクシィのコミュでの評判がとってもよかったので楽しみにしていた。

感想は・・・

すごく癒されました。フィンランドに行きたくなったよー。

最近バイトをはじめてから飲食店にとても興味があるのでいろんな角度から楽しめたのでよかったです。

小林聡美さんはもちろんのこと、片桐はいりさんがかなりいい味だしてたよ♡

あらためて和食のすばらしさを感じました。観てたらお腹がすいてきたわ。

こういうキッチンとてもあこがれます。

あー、家ほしーーーーい!!!

原作は私の大好きな群ようこさん。群さんの本はたいてい読んでます。大好きなので何度も繰り返し読んでるよん。独特のワールドと言いまわしがすごく好きで読みながら笑ってしまいます。

群さんが原作者だということは、エンディングで知り、びっくり&納得でした。

かもめ食堂 DVD かもめ食堂

販売元:バップ
発売日:2006/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon.co.jp wrote
   フィンランドのヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。
   れっきとした日本映画だが、オールフィンランドロケで、現地スタッフや役者も参加して作り上げた日本とフィンランドのコラボ映画。あせらずマイペースなサチエに小林聡美がピッタリ。また「かもめ食堂」の北欧風のインテリア、シナモンロールやおにぎりなどのお料理もおいしそうで、ビジュアルも十分に楽しめる。国境を超えた人間関係をオシャレで心温まるヒューマンドラマに仕上げたのは『恋は五七五』でおなじみの荻上直子監督。(斎藤香)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
人気作家・群ようこの原作を、『バーバー吉野』の荻上直子監督が小林聡美主演により映画化。フィンランドのヘルシンキで「かもめ食堂」を経営する日本人・サチエの前に、ある日ミドリとマサコが現われ、店を手伝い始める。

|

« 9月以来・・・ | トップページ | 映画日記6 どろろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちシアター17 かもめ食堂:

« 9月以来・・・ | トップページ | 映画日記6 どろろ »