« 節分 | トップページ | やっぱケーキでしょ »

2007年2月 4日 (日)

映画日記5 硫黄島からの手紙

やっとこさ、ずっと観たかった映画「硫黄島からの手紙」を観にいきました。

昨夜はDVDで「男たちの大和」を観たのですっかり戦争ムードの我が家。

昨夜は寝たの遅かったし、ゲンちゃんは朝5時起きでそっからおしゃべりしまくり、ぜーんぜん寝ましぇーーーん(*/□\*) そのままバイトに行っちゃったから、もしかして映画館で寝てしまうかもーと思ってたけどなんのその!とても引き込まれる映画で、号泣でした。

ホント感銘を受けました。

戦争映画を劇場で観たのは初めてなんだけど、観にいってよかったです。

一人でも多くの人々に観て欲しいなあと思いました。

でも、ちょっと映像がグロい部分もあったので、隣でみていたおばさんはそのたびに

きゃー」だの「ハァ~」だの「あー、もう疲れる!」だの言いながら、汗がでるのか服を脱いだり着たり。戦争シーンになると顔を覆って隠れる始末・・・。

あまりに隣でうるさいから注意しようと思ったくらいだったよ。

この映画は、確かに映像がリアルで怖いし目を覆いたくなるようだけど、日本がどんな戦いをしてきたのかちゃんと日本人みんなで直視しないればならないと思います。

ちょっとしたことでキレたり、いじめたり、悲しい出来事があまりに多すぎるけど、こんなに国のために命をかけて戦う男たちがいたんだということをちゃんと思い出しせて、今のこの平和な世の中に感謝しないとね。

渡辺謙さんの指揮はすごーくかっこよかったです!

栗林忠道 硫黄島からの手紙 Book 栗林忠道 硫黄島からの手紙

著者:栗林 忠道,半藤 一利
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 節分 | トップページ | やっぱケーキでしょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画日記5 硫黄島からの手紙:

« 節分 | トップページ | やっぱケーキでしょ »