« やっと会えたソファー | トップページ | ハロー赤ちゃん♪ »

2007年3月22日 (木)

おうちシアター20 ラストサムライ

昨日は、比較的あさやんが早く帰ってきたので、二人でDVD観賞しました。

子供は途中から起きてしまい、またもや集中できませんでしたが・・・

昨日はラストサムライ

初めて観ましたよ。

ケン・ワタナベの武士道、かなりかっこいいね。

ミクシィのコミュ(映画愛好会)では、真田がすごく評判よかったんだけど、評判どおりステキでした。

こういうスケールのでかい映画は大きい画面で観るとのめりこめるよ~

ラスト サムライ DVD ラスト サムライ

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon.co.jp wrote
   演じるオールグレン大尉と同様に、トム・クルーズ自身が日本の武士道に心酔していく姿が伝わってくるアクションロマン超大作。ハリウッドが撮った日本の歴史という点でも、画期的な一作である。明治維新直後の日本で、軍を近代化したい政府の要請を受け、南北戦争の英雄オールグレンが招かれる。ごう慢な態度で軍を教育する彼だったが、反政府の侍たちとの戦いに敗れ、囚われの身となった山里で武士道精神にめざめていく。
   姫路や京都でもロケが行われたが、ニュージーランドやハリウッドのセットで再現された明治の日本が壮観。衣装や小道具は、時代劇を見慣れたファンにも違和感はなく、むしろその細密さに驚かされる。大平原での騎馬アクションは色遣いも鮮やかで、黒澤明の『乱』を彷彿。トム・クルーズと小雪のロマンスには、あえて深く切り込まなかったことで作品全体のトーンも保たれた。侍たちを統率し、政府に反旗を翻す勝元役の渡辺謙は、トム以上の存在感。クライマックスでの彼の壮絶な演技には、身震いしてしまうほど!(斉藤博昭)

|

« やっと会えたソファー | トップページ | ハロー赤ちゃん♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちシアター20 ラストサムライ:

« やっと会えたソファー | トップページ | ハロー赤ちゃん♪ »