« 映画日記8 ハッピーフィート | トップページ | スモックとかばん購入しました~ »

2007年3月25日 (日)

おうちシアター23 ゆれる

今日みたDVD、ゆれる

ちーちが、「昨年みた映画でいちばんよかった」と絶賛していたし、いろいろな賞でノミネートされていたから期待していました。

感想は?あさやんくん。

もうー、日曜日の夜に重いってーーーー▄█▀█●暗い気持ちになるヤンか

だって(。→ˇ艸←)クスクス

ストーリーはすごく考えさせられるもので、最後まで真相がわからなかったよ。

結局あの兄弟はどうなったの~??

ゆれる DVD ゆれる

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon.co.jp wrote
   オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。
   都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。西川美和監督は、微妙なセリフで男ふたりの複雑な内面を表現し、観る者のイマジネーションをかき立てまくる。背中の演技で心情を伝える香川照之もすばらしいが、兄に対する負い目と苛立ちの両方をみせるオダギリジョーは、彼のキャリアのなかで最高の演技と言っていいだろう。あのとき吊り橋で、何が起こったのか? その真実も含め、さまざまな余韻を残すラストシーンは目に焼き付いて離れない。兄弟を持つ人ならば多かれ少なかれ、ここに描かれる確執に共感してしまうはず。家族の関係も、そして人生も、一筋縄ではいかないのだと教えてくれる名編だ。(斉藤博昭)

|

« 映画日記8 ハッピーフィート | トップページ | スモックとかばん購入しました~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちシアター23 ゆれる:

« 映画日記8 ハッピーフィート | トップページ | スモックとかばん購入しました~ »