« 1、アヒルと鴨のコインロッカー | トップページ | おうちシアター36 オープンシーズン »

2007年7月 7日 (土)

1、はけたよはけたよ

毎週水曜日は保育園の絵本の日。

毎回3冊づつ借りてきます。

夜はなるべく絵本を読む習慣をつけているので、どんな絵本を読んだのかつけていこうと思います。

お気に入りの絵本はほとんどきまってきているけどね(*´ー^`)ゞ

昨日読んだ本は保育園で借りた、「はけたよはけたよ

トイレトレーニング真っ最中や、ズボンの着脱トレーニング中に読むととても効果がありそうだなあと思いました。

たっきーもとても喜んで聞いてたよ。

かんざわとしこさんの絵本は私が子供の頃からありました。

相変わらず優しいタッチの文章には癒されます~

はけたよはけたよ Book はけたよはけたよ

著者:神沢 利子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon.co.jp
   たつくんは、ひとりでパンツがはけないんだよ。片足をあげると、どでん!と転んでしまう。「えい、パンツなんかはかないや。」と外へ駆け出したたつくんのお尻を動物たちが笑う。「しっぽのないお尻。あはははは。」
家に帰ったたつくんがもう1回パンツをはこうと、片足あげると、またどでん!
尻もちついたままはいてみたら、あらら、はけちゃった。おかあさんの縫ってくれたズボンもひとりではけたよ。

   ちいさな子どもたちにとって自分で洋服を着るのは本当に大変なこと。自分でパンツをはきたいのに、上手にできなくてかんしゃくをおこす、そんな子どもたちの共感をさそう絵本である。「~よ。」で終わる文体と、のびのびとした線と明るい色調の絵が、やさしく子どもたちを応援する。対象は3、4歳からとなってはいるが、「洋服を自分で着たい」という意欲が出てきた子どもならば、もう十分にこの絵本を楽しむことができるだろう。(小山由絵)


|

« 1、アヒルと鴨のコインロッカー | トップページ | おうちシアター36 オープンシーズン »

コメント

こんばんは☆

『はけたよ はけたよ』はコウキが大好きだった絵本。
丸暗記して、絵を見ながら得意げに読んでいたよ。

たっきーも同じ絵本が好きだなんて嬉しいっ☆

今は『こんとあき』 『くるまはいくつ』 『かさもっておむかえ』
がお気に入り。

この前は林明子さんの、『はじめてのおつかい』を幼稚園から
借りてきたよ。子供が自分の好きな絵本を1冊選んで借りてくる日が
週に2回あるんだけど、どんな絵本を選んでくるのか、私も毎回
楽しみなんだよ♪

投稿: ちるちる | 2007年7月 7日 (土) 23時14分

>ちるちる
はじめてのおつかい、私も小さい頃持ってたよ。大好きでした。このシリーズで、「あさえとちいさいいもうと」っていうのがあるんだけど、これまたいい話で姉妹っていいなあって思います。

投稿: あかりん | 2007年7月 9日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1、はけたよはけたよ:

« 1、アヒルと鴨のコインロッカー | トップページ | おうちシアター36 オープンシーズン »