« 1、はけたよはけたよ | トップページ | ガスの検針 »

2007年7月 7日 (土)

おうちシアター36 オープンシーズン

先日、念願のオープンシーズンをやっとみることができました。

実は、映画公開中に映画館へ行ったんだけど時間を間違えて観ることができず、余儀なくライアンをさがせ!になっちまったのよ。

めずらしくたっきーがテレビCMでとりこになってつれていったのに、すごく残念がられた記憶があります。

ストーリーは子供にも分かりやすく、とてもほのぼのとしてました。

映像が可愛くてとても和んだよ。

動物モノの映画を観ると、だいたい人間は悪者役で登場するので、これが頭が痛いところです・・・

オープン・シーズンコレクターズ・エディション DVD オープン・シーズンコレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/05/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon.co.jp wrote
   大人になることは、難しい選択に満ちたとまどいの多い旅と言えるだろう。ブーグ(マーティン・ローレンス)は飼い慣らされたハイイログマ。パークレンジャーのベス(デブラ・ミッシング)のガレージで何の不自由もないハッピーな毎日を送っている。 だが、超元気なミュールジカのエリオット(アシュトン・カッチャー)に偶然出会ったことですべてが一転、ブーグは狩猟解禁数日前の森へ放り出される。サバイバルに必要な最低限のスキルさえ持たずに、ブーグとエリオットは森へ迷い込み、スカンクからシマリスまで森のすべての動物たちや、さらにはショーという邪悪なハンター(ゲイリー・シニーズ)にまで翻弄される。賢い動物ばかりの森のみんなを意図せず煽り立て、危険にさらした後で、ブーグとエリオットはようやく気づく。ハンターたちを出し抜き、生き残るためには、森のみんなで団結するのがただ1つの道だと。ソニー・ピクチャーズのアニメ映画第1弾で、アニメ作家スティーヴ・ムーア(『In the Bleachers』)の作品からヒントを得た。人間のように知的で生き生きとした動物たちを主役に、ブーグの毛皮が風になびく様子から滝をゆく動物たちのワイルドな旅まで、息を呑むほど精巧に作られたうまいアニメーションだ。『森のリトル・ギャング』の域には達していないが、『オープン・シーズン』は成長の困難な過程、世界共通の受け入れられることの必要性、友情の本当の価値を探ったエンターテインメント作品だ。特典映像には、ソニー・ピクチャーズとイメージ・ワークスのアニメ作りにまつわる15分の映像、声優たちの録音風景を覗く7分の映像、未公開シーンが2本、ショート・アニメが3本、映画のトレーラーをふくらませた「ブーグとエリオットのショートフィルム」、フォトギャラリー、ストーリーボード、動物の視点から見た愉快なコメンタリー、そしてプロデューサーのミシェル・マードッカ、監督のロジャー・アラーズ、ジル・カルトンらのコメンタリー付き。そしてDVDのリンクからオンラインにつなげて遊べるゲームが2本。「ヴォイス・ア・ラマ」は映画とは別の声が特定のセリフをしゃべるのを聞けるもので、「ウィール・オブ・フォーチュン、森のエディション」はトリビアを知ることができる。(3歳以上対象)(Tami Horiuchi, Amazon.com)

|

« 1、はけたよはけたよ | トップページ | ガスの検針 »

コメント

TBさせていただきました。

アニメということでピクサー作品とどうしても比べしまって、見劣りしましたが、ブーグやエリオットのキャラクターもかわいらしかったし、見所も満載で楽しめました。

投稿: タウム | 2007年11月25日 (日) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちシアター36 オープンシーズン:

« 1、はけたよはけたよ | トップページ | ガスの検針 »