« 3、すいかばたけ | トップページ | 六ヶ所村ラプソディー観てきました »

2007年7月27日 (金)

4、のせてのせて

今日はたっきーくん、おばあちゃんに本を読んでもらったんだけど、

やっとおりこうに集中して聞けるようになったね。」

と太鼓判を押してもらえたよ♡よかったね。

この「のせてのせて」に男の子が登場するんだけど、その男の子の名前を「たいちゃん」に変えて読んだら、

ちがう!

と指摘されたらしい・・・。

のせてのせて Book のせてのせて

著者:松谷 みよ子
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon.co.jp
「モモちゃんとアカネちゃん」シリーズや民話の採集などで知られる松谷みよ子の「あかちゃんの本」シリーズの1冊。1969年の出版以来、赤ちゃんのファーストブックとしてロングセラーを続ける不朽の名作絵本。全9巻からなる同シリーズには、ほかに『いないいないばあ』 『いいおかお』などがある。

「まこちゃんの じどうしゃです はしりますよ ブブー」。すると、ストップ! のせてのせてと、ウサギが手をあげています。ウサギを乗せてびゅーんと走っていると、またストップ! 今度はクマが手をあげています。みんなでブブブーと走っていると、またまたストップ! 今度はだれかな。

   繰り返しと擬態語の多い文章は、赤ちゃんの耳にもやさしく響くはず。子どもたちの大好きな自動車と動物たちが、真っ暗なトンネルを抜けて「でた! おひさまだ!」と振り向くページには、赤ちゃんも手をたたいて大喜びするに違いない。その反応の良さに、きっとお母さんもうれしくなる。(小山由絵)

|

« 3、すいかばたけ | トップページ | 六ヶ所村ラプソディー観てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4、のせてのせて:

« 3、すいかばたけ | トップページ | 六ヶ所村ラプソディー観てきました »