« ありえない忘れもの | トップページ | 恵那峡ワンダーランド »

2007年9月23日 (日)

14、笑う招き猫

この本を読むのが毎日の楽しみになるほど、たくさん元気をもらいました。

お笑い漫才コンビのアカコとヒトミ。

私にはアカコは柳原加奈子に思えて仕方なかったよ(。→ˇ艸←)クスクス

柳原ちゃん、私は大好きです♡

漫才コンビのプレッシャーや苦悩がとてもわかりやすく描かれていて、映画化したらおもしろいのにー、とさえ思いました。

招き猫、やっぱほしーーーい!

今度たしかおかげ横丁でイベントやるから買いに行ってみたいな♪

笑う招き猫 (集英社文庫) Book 笑う招き猫 (集英社文庫)

著者:山本 幸久
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

出版社 / 著者からの内容紹介
オトコより、お金より、あなたの笑いがほしい!
新人女漫才コンビ、アカコとヒトミ。彼氏もいない、お金もない、だけど夢は忘れない2人に、テレビ出演のチャンスがきて??。第16回小説すばる新人賞受賞の青春小説。(解説・ラーメンズ 片桐 仁)

|

« ありえない忘れもの | トップページ | 恵那峡ワンダーランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14、笑う招き猫:

« ありえない忘れもの | トップページ | 恵那峡ワンダーランド »