« ベトナムみやげ | トップページ | ことば »

2007年10月28日 (日)

おうちシアター45、明日の記憶

昨夜は久々に二人でゆっくりDVD観賞。

二人とも思い切り号泣してしまったよ。

ここまで泣いた映画はどれだけぶりぐらいだろー!

渡辺謙さんと樋口可南子さんの演技がすばらしく、めちゃめちゃリアルに感じました。

うちの父にぜひ観てもらいたい!ぜったい号泣すると思うわ~。こういうのにすごく弱いタイプです。

あなたがやったんじゃないの!病気がやったことなの!!

と必死で叫ぶ枝実子(樋口さんね)

本当にそのとおりだと思う。

叫ぶ枝実子自身、自分にも言い聞かせてるんだと思うとまたまた泣けてきたよ。もうお互いがいっぱいいっぱいでせつなかったわ。

この言葉は、アルツハイマーに限らず、うつ病や自閉症などなにも当てはまると思うとホント他人事には思えない。

それにしても、演技と分かっていても、木梨のりさん、許せんかったよ(╬◣д◢)ムキー!!

夫婦って、どちらかが重い病気にかかったら、もう一方も同じくらい悲しいしショックをうけて、すさまじい試練が与えられるんだという当たり前のことに気づかされました。

明日の記憶 DVD 明日の記憶

販売元:東映
発売日:2006/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon.co.jp
   若年性アルツハイマーと聞くと、悲痛なドラマを連想するが、本作は観終わってどこか希望の光を感じさせる。それでいて、病気の現実を真正面からとらえる。この意味で、ひじょうに好感が持てる作品である。渡辺謙が演じる主人公は、50歳を前にして物忘れがどんどんひどくなる。最初に彼が受ける病院の検査から、観る者に同時体験させることで、アルツハイマーの怖さをリアルに実感させていくのだ。もし自分が、あるいは家族や同僚が…と切迫感を高める展開が見事。
   これ以前の作品ではトリッキーな演出で賛否もあった堤幸彦監督だが、本作では記憶が曖昧になっていくドラマに、その演出方法がピタリと合っている。この種の映画では、得てして悲劇だけが全面に押し出されがちだが、周囲の人間のさまざまな反応、とくに相手がアルツハイマーであることを利用しようとする人間の悪い部分もさり気なく盛り込み、多面的に考えさせるところが秀逸。木梨憲武、大滝秀治ら脇役の存在感も光っている。クライマックスからラストが、これほど心地よいのはなぜだろう? それは作り手の、人生に対する賛歌が託されているからである。(斉藤博昭)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
『トリック 劇場版』の堤幸彦監督が、山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名小説を渡辺謙、樋口可南子共演で映画化したドラマ。若年性アルツハイマー病に突如襲われた50歳の働き盛りのサラリーマンと、そんな夫を懸命に支えようとする妻との絆を綴る。

|

« ベトナムみやげ | トップページ | ことば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちシアター45、明日の記憶:

« ベトナムみやげ | トップページ | ことば »