« 百年公園 | トップページ | 市岐商デパート »

2007年11月 3日 (土)

17、誰よりもつよく抱きしめて

この本は、夫婦の話です。設定も結婚生活8年という、我が家と同じような感じ。

夫が、不潔潔癖症に悩まされていて愛する妻にさえ指にラップを巻いてからじゃないと触れることができないという心の病の話。

読んでてとても痛々しい。

私はつい奥さんの味方をしてしまいがちですが、最後は感動で泣いてしまいました。

新堂さんの本は二冊目ですが、とっても引き込まれて2日くらいであっという間に読めます。

ここまで潔癖じゃないにしても、軽度の潔癖症のダンナ様ってけっこういるんじゃないかなあ。

他人事とは思えないお話でした。

誰よりもつよく抱きしめて Book 誰よりもつよく抱きしめて

著者:新堂 冬樹
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「BOOK」データベースより)
水島月菜と夫・良城は結婚八年目。表向きは仲睦まじく見える二人だが、実は大きな悩みを抱えていた。強迫的な潔癖症を患い、夫は月菜に直に触れることさえできないのだ。ある日、月菜は書店を訪れた青年・克麻と知り合う。少しずつ克麻に惹かれていくのを自覚する月菜。しかし、彼もまた、深刻な悩みを抱えていた…。

|

« 百年公園 | トップページ | 市岐商デパート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 17、誰よりもつよく抱きしめて:

« 百年公園 | トップページ | 市岐商デパート »