« クリスマスツリー | トップページ | おうちシアター47、ナイトメアー・ビフォアー・クリスマス »

2007年11月20日 (火)

18、anego

林真理子さん原作で、昨年だったかな?ドラマにもなりました。

篠原涼子サンが大好きなので、このドラマはかなりはまってたよ。

年齢設定もほぼ同じなので、とても興味深く一気に読みました。

ドラマとはかなり違うね!

とくにラストは衝撃~(╬☉д⊙)  

続編が知りたいわー

本の中で、

男運がない女は運がないんじゃなく、頭が悪い女だ

と書かれていて衝撃でした。

anego (小学館文庫 は 5-2) Book anego (小学館文庫 は 5-2)

著者:林 真理子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

出版社 / 著者からの内容紹介
篠原涼子主演で大ヒットしたドラマの原作本
丸の内の大手商社社員野田奈央子は32歳、独身。同僚からも上司からも後輩からも信頼される存在なのに、恋愛運にだけは恵まれない。そんな主人公が次から次へと繰り広げる恋愛の数々。合コン、お持ち帰り、セフレ、不倫、泥沼…。OLの性も、派遣社員の怒りもリアルすぎるくらいリアルに描ききった林真理子恋愛小説の最高傑作。読み進んで最後の一行に至るとき、ドラマ版では描かれなかった、背筋も凍りつくような恐怖の結末が…。

|

« クリスマスツリー | トップページ | おうちシアター47、ナイトメアー・ビフォアー・クリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18、anego:

« クリスマスツリー | トップページ | おうちシアター47、ナイトメアー・ビフォアー・クリスマス »